醸造アルコールとホワイトリカーの違い

醸造アルコールとホワイトリカーの違い

私は「梅酒ファン」のサイトを作る上で、醸造アルコールとホワイトリカーの違いに悩まされました。醸造アルコールとホワイトリカーは同じものなの?この2つの違いを簡単に検索しても出てこず悩んでいました。この2つの違いが分からなければカテゴリーやタグなどが決めれず苦戦しました。私が、調べた違いを簡単に説明したいと思います。

醸造アルコールとは

まず、醸造アルコールは、食用に用いられるアルコール(エタノール)で、主に糖蜜(サトウキビ)などの材料から連続式蒸留法を用いて作られた蒸留酒です。

連続蒸留法

連続で何度か蒸留して純度の高いアルコール(アルコール度数が高い)を蒸留する方法

ホワイトリカー(甲類焼酎)とは

醸造アルコールは、大手酒造メーカーが製造し、大手酒造メーカーから蔵元にに販売しています。この醸造アルコールに水を加えアルコール度36度以下に薄めたものをホワイトリカー(甲類焼酎)と呼びます。

醸造アルコールとホワイトリカーの違い

醸造アルコールとホワイトリカーの違いは簡単にまとまると

【醸造アルコール】は、ホワイトリカーの原液

【ホワイトリカー】醸造アルコールを水でアルコール度35%以下に薄
めたもの

醸造アルコールとホワイトリカーを使う違い

上記で説明した通り、醸造アルコールとホワイトリカーの違いは「原液」と「原液を薄めた物」でした。

では、醸造アルコールを使う蔵元とホワイトリカーを使う蔵元の違いはなんでしょうか?

醸造アルコールを使うメリット

  1. ホワイトリカーより醸造アルコールから作ったほうが安い
  2. 近くに源泉や美味しい水を取れる蔵元は、よりこだわった梅酒を作る事が可能
最新情報をチェックしよう!

梅酒の知識の最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG